春霞

春霞(はるかすみ)


会社名 合名会社 栗林酒造店
創業 1874年(明治7年)
所在地 〒019-1404
秋田県仙北郡美郷町六郷字米町56
電話 0187-84-2108
HP https://harukasumi.com/
見学情報 製造場見学:不可
蔵元直売所 8:00 ~ 16:45 定休:土日祝日

秋田の酒でカンパイ!2020 出品酒情報

酒種 純米吟醸
原料米 秋田県美郷町産 美郷錦
精米歩合 50%
アルコール度 16%
日本酒度 +1.0
酸度 1.7
アミノ酸度 1.0
使用酵母 KA-4
醸造年度 平成30酒造年度(2018.07~2019.06)
仕込み水の硬さ 軟水
保存方法 要冷蔵

現在の春霞の原点とも言える美郷錦仕込みの純米吟醸。低温で一年半熟成した限定バージョンで、口の中で香味がふくらみます。ごはんのおかずとも相性の良い食中酒ですので、じっくりと味わっていただきたいです。

奥羽山脈の恵みを受けた酒造り

当蔵は1874年(明治7年)秋田県六郷村(現美郷町)にて創業しました。六郷は、仙北平野の良質の米と豊富な地下水に恵まれ、かつては酒蔵が20以上あったとされる地域です。春霞の銘柄は、謡曲「羽衣」の一節「春霞たなびきにけり~」から取ったといわれています。
 昭和44年(1969)からは地元出身の亀山精司が杜氏を務め、全国鑑評会で7度の受賞を重ねました。この時期の協会9号系酵母での酒造りは、現在の酒造りの基礎のひとつとなっています。平成20年(2008)亀山の引退後は、代表社員の栗林直章が酒造りを行っております。


酒米『美郷錦』への強いこだわり

美郷錦は、秋田県独自の酒造好適米です。北国秋田に適した酒造好適米の育種開発の結果、誕生したのが美郷錦。現在、当蔵の酒造りは「美郷錦」なしには考えられません。
 当蔵では平成17年から美郷錦の契約栽培を始めました。大粒でタンパクが少なく、精米特性に優れている良米ですが、決して栽培しやすい品種ではないことも事実です。その意味では「プロのための品種」とも言えます。仕込み水や使用酵母との相性が良く、当蔵の酒造りに適してると感じ、年々栽培量を増やしてきました。令和元年度は、当蔵全体のおよそ八割に美郷錦を使用しています。

水の町、美郷町

清水の郷・秋田県美郷町。ここは町内に126カ所もの湧水が確認され、名水百選(環境庁)にも選定された水の町。奥羽山脈のふもと、扇状地の上にあるため地下水が豊富で、各家庭でも地下水を汲み上げて使用するのが一般的です。
 当蔵で使用している仕込水も、地下25メートルから汲み上げた地下水。その水温は年間を通して約12度前後で、水質は軟水。一説には「酒を造るにはよく湧く軟水が良い」といわれるなど、仕込み水は酒の味を大きく左右しています。



蔵人紹介

代表社員 兼 製造責任者栗林直章さん

栗林酒造の特徴やこだわりを教えてください。
春霞は、美郷錦の特徴を活かした、普段の食事、ごはんのおかずとも相性の良い食中酒です。

当社の酒造りで特にこだわっているのは、原料処理(蒸し)です。仕込みに使うほとんどの米が美郷錦なので、冬の間、毎日毎日、同じ品種を蒸して仕込めるのがよいところ。栽培農家さんや精米ロットによる微妙な違いも、自然とわかるようになり、それに合わせた原料処理を行っています。

美郷錦とはどんなお米なんでしょうか?
秋田県が1998年に開発した酒米で、山田錦と美山錦の掛け合わせという超良血米です。うちの町名(美郷町)と一緒ということで使い始めたのですが、いざ使ってみると春霞の仕込水や使用酵母と相性が良く、年々契約栽培を増やしてきました。今では、美郷錦なしには春霞の酒造りは考えられないほどです。
繊細ながら複雑な味わいがあり、純米大吟醸から純米酒まで幅広く用いています。全国新酒鑑評会への出品酒も美郷錦です。秋田県産の美郷錦を、県内だけでなく全国の酒蔵で使ってもらいたいです。
おすすめの商品を教えてください。
春霞 緑ラベル。当社が美郷錦にこだわることになった、きっかけのお酒です。このお酒を評価していただいてこそ、今の酒造りがあると考えています。
好きな食米の品種は何ですか?
あきたこまち、妻の実家でとれたお米です。出張から帰ってくるとあらためて白米のうまさを感じます。
さすがに美郷錦は食べないんですね。(笑)
そんな勿体ない!(笑) もちろん酒造りでお米を蒸すたびに食べてますが、タンパク質が少ないので食べるのには不向きかもしれません。これは美郷錦だけでなく酒米全体に言えることですね。
最後にファンの皆様に一言お願いします。
秋田には美郷錦だけでなく、秋田酒こまち、吟の精など品質の高い酒米が多くあります。ぜひこの機会に、秋田の良質米で醸した日本酒を楽しんでいただきたいです。

1分PR動画