あきたの蔵元紹介

県北エリア

県北エリア 観光情報

有名グルメや魅力的なイベントがあり、
見どころ満載の秋田県。
秋田を訪れたら絶対に
外せない定番をご紹介します。

白神山地

秋田県と青森県にまたがる世界遺産。東アジア最大級と言われるブナの原生林は人の影響をほとんど受けておらず、東京ドーム2万8千個分もの広さを誇ります。

能代七夕 天空の不夜城

2013年、約1世紀の時を超えて復活した「天空の不夜城」。天にまで届くような2基の城郭七夕灯籠が街を練り歩く姿は正に圧巻!日本一の高さ24.1mの大型灯籠も運行。

康楽館

秋田県鹿角郡小坂町にある芝居小屋で、建物は国の重要文化財である。旧金毘羅大芝居(香川県)や永楽館(兵庫県)とともに、日本最古級の劇場の一つとして知られている。

きりたんぽ鍋

きりたんぽ、地鶏、ねぎ、きのこ、ごぼう、せりなどを入れた鶏がらのスープで煮込んだ郷土料理。旨味が凝縮したスープが具材に染み込んで格別の美味しさになります。

じゅんさい

沼や池に自生するスイレン科の植物。ゼリー状の透明な粘膜に覆われているじゅんさいは、独特のヌメリとツルツルした喉ごしで初夏の味覚として親しまれています。

比内地鶏

日本三大美味鶏の一つ。肉の味に優れ、脂肪が比較的少なく、ヤマドリに似た風味と香味を持ち淡白で美味なことから、藩政時代は年貢として納めていたほどである。

バター餅

北秋田市で40年以上前から地域で食されてきたという郷土菓子。ほんのり甘く、バターを入れることで柔らかな食感が長時間保たれているお餅です。

十和田高原ポーク桃豚

豚を健康に育てるために飲水から作り、腸内細菌を整えることで飼料の消化吸収を良くし、体の内側から強くなるように飼育。肉質は軟らかく、良質な脂肪で甘みがあります。

大館曲げわっぱ

大館市で生産されている国指定の伝統的工芸品。秋田杉の板を曲げて成形する技法が特徴です。杉の木目がそのまま活かされていて、木材の持つ「ぬくもり」が感じられます。

県央エリア 蔵元紹介 県南エリア 蔵元紹介 蔵元紹介