奥清水

奥清水


会社名 株式会社 高橋酒造店
創業 1919年(大正8年)
所在地 〒019-1404
秋田県仙北郡美郷町六郷字宝門清水72-13
電話 0187-84-1201
HP http://www.egao-okusimizu.com/
見学情報 製造場見学:可(5日前までに要予約)
蔵元直売所 8:30 ~ 17:00 定休:不定休

秋田の酒でカンパイ!2020 出品酒情報

酒種 純米吟醸
原料米 秋田県産 めんこいな
精米歩合 60%
アルコール度 16%
日本酒度 -1.0
酸度 1.6
アミノ酸度 0.9
使用酵母 自社酵母(桜酵母)
醸造年度 令和1酒造年度
仕込み水の硬さ 軟水
保存方法 要冷蔵

秋田県の美郷町に育つ吉野桜から採取した酵母を使用した純米吟醸です。ほんのりと華やかな香りが立つのが特徴です。米の旨味と、六郷自慢の天然水がきめ細やかな味わいをつくります。お料理とお楽しみいただくのに最適な杜氏お勧めのお酒です。

明治18年創業。清水の里・美郷町の酒蔵史

高橋酒造店は、明治18年に当時の千畑村で開業しました。その後、戦時中の一時醸造中止を経て昭和24年から六郷町(現在の美郷町六郷)へ移転しました。奥羽山脈にあるブナ林が原生する「和賀山塊」の積雪が浸透水となり、この地域の湧水群を形成しています。名水百選で知られる六郷湧水群のなかでも、当蔵が使用している仕込み水「宝門清水」は由緒ある清水。天正年間に六郷城主であった二階堂兵庫頭が山門を掘り下げて見つけたことから「山門のあたりに宝にも等しい大切な泉あり」とされ、宝門清水と名付けられたとされています。代表銘柄は「奥清水」です。

高橋酒造店の酒造りとは

高橋酒造店での酒造りには、北海道久遠郡せたな町の農家に契約栽培をお願いしている有機米の吟風というお米や、地元・美郷町の美郷錦、秋田県産の「めんこいな」や「ぎんさん」というお米を使用しています。有機米を加工するにあたり、農林水産省から有機加工食品の製造免許を取得しています。毎年、天候や気温によって米の出来は異なります。そのお米に合わせた洗米・浸漬を行い、昔ながらの和釜と甑を使って米を蒸し上げます。酛(酒母)はお酒のベースとなる部分。酛の仕込みでは温度管理が重要です。氷を入れて温度を下げたり、お湯を入れて温度を上げたりと、酛の状態を見極めて行われます。2週間かけて酒母をつくり、添えタンクへ移します。醪は三段階で増やしながら仕込まれますが、留掛とよばれる最後の段階を経て、そこから約3週間かけてゆっくりと醸されます。最後に醪は袋吊りや槽で搾られ、お酒となります。高橋酒造店ではこれらの工程を杜氏を含めて4名の蔵人で、少数精鋭の酒造りを行っています。

杜氏紹介 古内茂美氏

昭和61年に、当時の備前酒造本店に入り、酒造りの経験を積んだ古内さん。その後、月桂冠、舞鶴酒造(朝の舞)、鈴木酒造店(秀よし)、山本合名会社(白瀑)といった酒蔵での経験を経て、平成19年から現在の高橋酒造店に入社しました。「少ない人数で効率的に酒造りをするためには、酵母選びが重要です。酒造りの工程で、酵母と麹菌という微生物が必要になります。できるだけ想定したとおりに発酵が進むよう、自分が自然界から採取したものを使っています。私は飲み飽きしない、食事の邪魔をしないお酒を目指しています。20年ほど前に出会ったあるお酒があって、未だに舌が覚えています。それからそのお酒を目標にしています。爽やかな秋晴れの空のようなお酒を作りたいですね」。

蔵人紹介

蔵人田村隆宏さん

奥清水について教えてください。
普段飲みで気軽に楽しめるお酒を目指して酒造りに臨んでいます。私どもの町の周辺には、およそ60箇所の湧水があり、私どもの敷地内にある湧水は「笑顔清水」と呼ばれています。この笑顔清水からの地下水脈を酒造りの仕込み水として使用しています。
自社のおすすめ商品を教えてください。
「美郷雪華」「ミサトヨシノ」です。ラベンダー酵母とさくら酵母の飲み比べが楽しめます。
好きな酒米を教えてください。
「美郷錦」酸味とふくよかな味わい、作り方で日本酒の可能性を幅広くしてくれる酒米だと思います。
休日は何をしていますか?
子供と一緒に公園で遊んだり、温泉でゆっくりしたりしています。
秋田の好きなところは何ですか?
自然豊かで空気も食べ物もお酒も美味しいところ。
最後にファンの皆様に一言お願いします。
私たちは、「笑顔清水」を仕込み水に使い、お客様を”笑顔”にできるような酒造りを目指して日々努力研鑽を続けております。これからも美味しいけど決して気取らないお酒をお届けしてまいりますので、応援よろしくお願いいたます。

1分PR動画