天寿

天寿


会社名 天寿酒造株式会社
創業 1830年(天保元年)
所在地 〒015-0411
秋田県由利本荘市矢島町城内字八森下117
電話 0184-55-3165
HP https://tenju.co.jp/
見学情報 製造場見学:可(1週間前までに要予約、詳しくはHPへ)
蔵元直売所 9:00~12:00 13:00~16:00 詳しくはHPへ

秋田の酒でカンパイ!2020 出品酒情報

酒種 純米吟醸
原料米 天寿酒米研究会産 秋田酒こまち
精米歩合 55%
アルコール度 16%
日本酒度 非公開
酸度 非公開
アミノ酸度 非公開
使用酵母 非公開
醸造年度 非公開
仕込み水の硬さ 軟水
保存方法 要冷蔵

今回特別にご用意したお酒は、異なる3種類をブレンドした限定品です。原料米は全て天寿酒米研究会産「秋田酒こまち」。巨峰のような芳醇な香りとピオーネのような優しい甘みと酸、後味に微かにグレープフルーツを想わせる爽やかでシャープな酸や苦味も感じられます。是非お楽しみください。

天寿酒造の歴史

天寿酒造は、文政13年(1830年)初代大井永吉が麗峰鳥海山の麓、由利本荘市矢島町に創業しました。鳥海山の清冽な伏流水を仕込み水に、原料米はこだわりの地元米を使用し、大自然に恵まれたこの地ならではの酒造りを行っています。酒名でもある「天寿」は百歳までも幸せに生きる事の意味であり、ラベルの文字は2000年もの昔、中国山東省泰山の磨崖に刻まれた金剛経から写したものです。歳月だけが刻む事の出来る風格を酒の味に生かし、また顧客への長寿の願いが込められています。伝統を大切にしながらも常に革新を重ね、近年は国内はもちろん海外のコンテストでも数々の賞に輝き、令和元年には世界酒蔵ランキング6位に入賞し、その品質の高さが証明されています。


鳥海山からの贈り物

標高2230m、秋田が誇る麗峰鳥海山。その豊富な雪解け水がブナの森に浄化され、伏流水として生み出されます。山から流れ来る自然の恵みは、秋田米の名産地である子吉川流域の農業を支えてきました。

地元にこだわった米作り

天寿の目標である「この地で出来る最高の酒」を醸すために不可欠である高い品質の酒米を確保する為、昭和58年(1983年)に天寿酒米研究会を発足。以来、37年目を迎えた現在は、12軒の酒米農家と共に活動しています。原料米のメインである「美山錦」や「秋田酒こまち」などを中心に米作りを行っており、秋田県で開発された新品種「一穂積」「百田」の栽培にも力を入れ、現在原料米は全て契約栽培米となりました。

酒蔵の特徴

酒蔵の随所に酒造りに対する天寿酒造のこだわりと工夫があります。洗米用定量自動計量器や米研ぎ後の水切り作業に用いる脱水機等々、天寿酒造で独自に開発・改造された機械が多々あり、良質な酒を造る製法を常に模索し続けています。

また、生酛仕込みや瓶内二次発酵型スパークリング日本酒の製造を行うなど、品質の向上に挑戦し続ける姿勢は、七代目社長と杜氏が知恵をしぼり、経験豊かな蔵人たちが酒造り一つ一つの工程において、力を最大限に傾ける事が出来る環境の整備が行われています。

天寿の酒

吟味した原料米・厳選した酵母、目指す酒質に合わせた設計と、蔵人の揺るぎない伝統の姿勢と技。お客様の長寿を願いながら、米・水・人のこだわり、「この地で出来る最高の酒」を目指しています。


蔵人紹介

杜氏一関陽介さん

会社や商品の良いと思うところを教えてください。
優しい人が多く、非常に穏やかな雰囲気の会社です。酒造りでは東京農大花酵母を使用しており、唯一無二の香りのある酒が醸されます。
秋田の良いと思うところを教えてください。
空気が澄んでいて住みやすいところ。あと、人が少ないので、信号を渡るとき、まっすぐ歩ける(笑)
おすすめの自社商品について教えて下さい。
純米大吟醸「鳥海山」。上品な吟醸香と酸味・旨味のバランスが取れたお酒で、非常にコスパの良い純米大吟醸だと思います。
好きな酒米は何ですか?
美山錦が好きです。弊社の場合、上槽時にキレイでほろ苦さを感じる事が多く、インパクトに欠けるところもあるが、少し時間を置くと味わいに深みが出ます。日本酒の奥深さを感じさせられます。
最後にファンの皆様にメッセージをお願いします。
弊社では現在協会酵母の他、ナデシコ・アベリア・マリーゴールド・ニチニチソウ・ベゴニア・リンドウの花から採取された農大花酵母を使用しています。酵母は酒を醸すのに必要不可欠なものの1つです。この自然界から採れた酵母は約20年間保管・培養を繰り返し今の天寿の酒の源になっている重要な役割を果たしてくれています。この唯一無二の酵母達がタンクの中で活躍できる最良の環境を蔵人皆で作りあげる事が良酒への近道であると信じています。酵母の種類によって出来上がる酒の香気成分や酸味などはバラエティーに富み、幅広い質の酒造りが可能になっていますので、その特徴を生かした酒造りができればと思っています。創業190年の伝統を大切にしながら、200年に向けて積極的にチャレンジしてまいります。これからも天寿酒造をよろしくお願いいたします。

1分PR動画